blunt

2022/8/17(Wed)はbluntです。

今日は"TJapan firms' earnings momentum unlikely to bring hoped-for wage hikes"と言う記事からです。

bluntは、レベル6、英検準1級以上、TOEIC® L&Rスコア730点以上の単語です。

さて、再び”賃金を上げられない”記事です。まぁ、うんざりなんですが。。。

政府は盛んに企業に従業員の賃金アップの要請を行っていますが、皆さんどうでしょうか?全然変わらないですよね。

自動車メーカーや商社、ゲームメーカーなど多くの業種で、円安による恩恵を受けて過去最高益を出しているにもかかわらずです。

日本って、経済協力開発機構OECD)の調査によると、平均賃金は1990年〜2020年の30年間でほとんど上がっていません。あの韓国やアメリカは200万円以上伸びているのに対し、日本はわずか18万円の伸びなんです。

日本企業は、付加価値の高い製品やサービスにシフトして収益を上げて、また終身雇用をやめるなど思い切った改革をしないと賃金はあがらないでしょう。特に後者については相当な痛みを伴う事になります。

 blunt  

 発音 
 (赤字がアクセント)

www.oxfordlearnersdictionaries.com

 品詞 
他動詞、自動詞、名詞、形容詞

 語源 

形容詞が先で、Etymology Dictionaryによれば、c. 1200, blunt, blont, "dull, obtuse" (of persons), of uncertain origin. Perhaps from or related to Old Norse blundra "to shut one's eyes" (see blunder (v.)). Or from Old English blinnan (past participle blon) "to stop, cease, come to an end." Of tools or weapons, "not sharp, without edge or point," late 14c. Meaning "abrupt of speech or manner" is from 1580s. Late 18c. Scottish writers used blunty (n.) for "stupid fellow."です。
起源ははっきりしないようです。古ノドル語のblundra「目を閉じる」か、古英語のblinnan「止める」あたりが由来の可能性があるようです。14世紀あたりで、武器やツールに関して「鋭くない、シャープでない」の意味になったようです。なぜか、「突然の言動や態度」という意味が 1580 年代に出てきてます

 意味 

Oxford Learner's Dictionariesによれば、to make something weaker or less effectiveと説明があります。「〔刃物の切れ味・人の感覚などを〕鈍らせる」です。勿論、to make a point or an edge less sharpの意味もあります。

 記事 

Solid profits at major Japanese companies in recent earnings reports are unlikely to translate into near-term wage hikes in broad sectors due to the risk of a global recession, dashing Prime Minister Fumio Kishida’s hopes for higher pay to blunt the impact of rising prices. *1

 訳 

最近の決算報告における日本の主要企業の堅実な利益は、世界的な景気後退のリスクのため、幅広い分野で短期的な賃金上昇につながる可能性は低く、物価上昇の影響を鈍らせるための岸田文雄首相の賃上げへの期待は打ち砕かれている。

 補足 

translate intoですが、translateは自動詞なんでしょうね。「〔結果として〕~になる」の意味です。dash somebody's hopeは、to destroy somebody’s hopes by making what they were hoping for impossibleの事です。

 

本日はこのあたりで。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

*1:The Japan Times 2022/8/16の記事